会社案内

 弊社は、昭和48年12月、名称を附田建機として創業者附田義美が建設業を志して起業しました。
当時は、近隣の若者を取りまとめて同行し、大型建設機械の運転手として各地で活躍しました。

  • 昭和50年2月、称号を㈲附田建機に変更する。
  • 宮城県蔵王砕石場、長野県中央高速道路、石川県手取川ダム、長崎県長崎空港造成工事等に参画しています。
  • 昭和53年、むつ小川原開発計画の進展に伴い、六ヶ所村に集約して開発関連工事に着手しました。
    重要港湾むつ小川原港の防波堤工事から始まり、ケーソンヤード造成、ケーソン製作、岸壁等の港湾施設工事に従事しています。
  • 昭和55年4月からは、国内第1号となるむつ小川原国家石油備蓄基地の工事が着手し、3年という短期間で工事を完成させ、日本全国の石油消費量の13日分の原油を備蓄しております。
  • 昭和56年9月、称号を㈲附田建機から附田建設㈱に変更する。
  • 平成元年、日本原燃㈱により原子燃料サイクル施設工事が着手しました。ウラン濃縮工場、低レベル放射性廃棄物埋設センター、高レベル放射性廃棄物貯蔵管理センター、再処理工場、MOX燃料工場の施設工事に参加しています。
  • 再生可能エネルギー関連事業として風力発電所96基、太陽光発電所3施設168MWの建設工事に参画しています。
  • 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構六ヶ所核融合研究所、公益社団法人環境科学技術研究所の関連工事に参画しています。

 以上、港湾工事、道路工事、舗装、付帯構造物、トンネル工事、橋梁工事、建築工事、運送事業と多岐にわたり事業展開しております。
 皆様からのご要望にお応え出来ます様に、社員の教育と技術の向上に邁進してまいります。


社名 附田建設株式会社
資本金 3,000万円
設立 1975年2月7日
事業目的
  1. 建設業
  2. 測量業
  3. 一般貨物自動車運送事業
  4. 採石業
  5. 砂利採取業
  6. 建設資材の販売業
  7. 建設用車両、機械及び船舶の賃貸並びに販売業
  8. 産業廃棄物処理業
  9. 古物商及び古物市場主業
  10. 調査設計業務受託事業
  11. 再生可能エネルギー等による発電事業
  12. 各種施設設備の管理業務受託事業
  13. 前各号に付帯する一切の事業
建設業許可番号 青森県知事(特般-28第4312号)
本社所在地 〒039-3212 青森県上北郡六ヶ所村大字尾駮字二又23番地2
役員
附田企業グループ会長 附田 義美
代表取締役社長 蘓武 昭男
取締役 副社長 小泉 広治
専務取締役 及川  曻
取締役 附田 幸枝
取締役 附田 角栄
従業員数 80名(2020年5月1日現在)

国土交通省東北地方整備局(八戸港湾・空港工事事務所)
東北地方整備局(高瀬川河川事務所)
防衛省東北防衛局
青森県上北地域県民局(地域整備部)
上北地域県民局(農林水産部)
下北地域県民局(農林水産部)
三八地域県民局(農林水産部)
六ヶ所村建設課建設課/農林水産課/上下水道課
  • 日本原燃株式会社
  • むつ小川原石油備蓄株式会社
  • 新むつ小川原株式会社
  • むつ小川原原燃興産株式会社
種類人数
1級土木施工管理技士15人
2級土木施工管理技士12人
1級造園施工管理技士1人
2級造園施工管理技士2人
1級建設機械施工技士2人
2級建設機械施工技士3人
監理技術者(建設大臣)14人
1級建築施工管理技士3人
2級建築施工管理技士6人
1級管工事施工管理技士1人
2級管工事施工管理技士2人
1級建築士1人
電気工事士(第1種)2人
給水装置工事主任技術者2人
排水設備工事責任技術者1人
自動車免許(大型)21人
自動車免許(大特)23人
自動車免許(けん引)5人
車両系建設機械(整地)41人
車両系建設機械(解体)18人
不正地運搬車運転業務23人
高所作業車者運転業務7人
種類人数
事業内特定検査者2人
移動式クレーン運転士5人
床上操作式クレーン運転4人
小型移動式クレーン運転27人
玉掛技能49人
溶接(ガス)11人
溶接(アーク)6人
有機溶剤作業主任者7人
火薬類取扱保安責任者3人
測量士3人
測量士補3人
1級小型船舶2人
2級小型船舶2人
陸上特殊無線技士(3級)1人
砂利採取業務主任者3人
産業廃棄物収集運搬3人
危険物取扱者(乙種4類)5人
危険物取扱者(丙種)8人
運行管理者3人
衛生管理者(一種)2人
2級建設業経理士2人

JRを
ご利用のお客様

七戸十和田駅から
車で約50分

飛行機を
ご利用のお客様

三沢空港より
車で約50分